ならそれでいいです

そろそろ優勝したい

5万円で出来るすべてのこと

どうも僕です。

ここのところあまりにも無なのでブログを始めました。

基本的に読んだ漫画と小説をカウントするための場所として活用します。

 

けどそれだけだと味気ないのでブログっぽいことも書きます。

僕は今浅草で母及び兄と暮らしてるんですが、そこに普段中国で働いている父が一時的に帰ってきました。

僕は家族と折り合いが悪く(めちゃくちゃ簡単に説明すると全員が発達障害です)特に父とは上手くいってなくてまともな会話もここ何年かしてません。

なので今回はどうやり過ごそうかと考えていたんですが

「美味いもんでも食えよ」

と5万円渡されて今回の会話は終了しました。

ちなみに2年前は「みすぼらしい格好だな。これで服でも買え」と3万円渡されました。

読んでる人の脳内に父の姿は碇ゲンドウとして浮かんでいることと思いますが、それは正しいです。父はゲンドウで、僕はシンジです。ここにいてもいいですね。

ありがとう、絶対無駄遣いします。

f:id:kajiwaradesu:20160211041712p:plain

 正気かお手持ちのスマフォのどちらかがおかしくなったかとお思いでしょうが、大丈夫。正常です。

ブログは文字ばかりになって単調なので画像を入れて彩を加えてみました。

これはここから本(漫画と小説)の話をするよというサインです。以降も度々登場するので覚えておいてください。

 

以降、2016年1月に読んだ漫画と小説です。年間で漫画は200冊、小説は150冊読むことを目標にしています。(再読含む)

 

漫画

バタアシ金魚1~6巻/望月峯太郎

 

兄帰る/近藤ようこ

兄帰る (ビッグコミックススペシャル)

兄帰る (ビッグコミックススペシャル)

 

 

 繋がる個体3巻/山本中学

繋がる個体(3) (モーニングコミックス)

繋がる個体(3) (モーニングコミックス)

 

 

夕空のクライフイズム7巻/手原和憲

夕空のクライフイズム 7 (ビッグコミックス)

夕空のクライフイズム 7 (ビッグコミックス)

 

 

惰性67パーセント1巻/紙魚丸

惰性67パーセント 1 (ヤングジャンプコミックス)

惰性67パーセント 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 堕天作戦1巻/山本章一

堕天作戦 1 (裏少年サンデーコミックス)

堕天作戦 1 (裏少年サンデーコミックス)

 

 

スピーシーズドメイン1~3巻/野呂俊介

スピーシーズドメイン 1 (少年チャンピオン・コミックス)

スピーシーズドメイン 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

ノー・ガンズ・ライフ1・2巻/カラスマタスク

ノー・ガンズ・ライフ 1 (ヤングジャンプコミックス)

ノー・ガンズ・ライフ 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

変身!1・2巻/横山旬

変身! 1巻 (ビームコミックス)

変身! 1巻 (ビームコミックス)

 

 以上18冊。

バタアシ金魚は勝手に読んだつもりでいたんですが未読でした。

望月作品は頭のおかしい主人公がそのパワーでもって常識的な人間を吹っ飛ばすところが最高ですね。

変身!は今連載している漫画の中でもトップクラスに好きです。

簡単に説明すると主人公がバッタで童貞卒業する漫画です。読みましょう。

それから僕がここ一年ぐらい一番熱心におっかけていたWEB漫画、氷の鱗が完結しました。

絵柄に癖はありますが内容で殺される漫画なので是非とも読んでください。

 

小説

夜市

秋の牢獄

竜が最後に帰る場所

南の子供が夜いくところ/恒川光太郎

夜市 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

 

 

世界シリーズ1~4巻/西尾維新

きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)

きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)

 

 

ポップ1280

おれの中の殺し屋/ジム・トンプスン

ポップ1280 (扶桑社ミステリー)

ポップ1280 (扶桑社ミステリー)

 

 

ペンギン・ハイウェイ/森見登美彦

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

 

 

耳をふさいで夜を走る/石持浅海

耳をふさいで夜を走る (徳間文庫)

耳をふさいで夜を走る (徳間文庫)

 

 

 少女七竈と七人の可愛そうな大人/桜庭一樹

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)

 

 以上13冊。

恒川光太郎めちゃくちゃ面白いですね。今まで読んでなかったのが勿体無いぐらい。

西尾維新は久々に読んだんですがやっぱ疲れますね。

世界シリーズが氏の作品では一番好きなんですが完結するのはいつになるんだろうか。

 

と、まあこんな感じで書いていく予定です。

更新の頻度を多くして一回あたりの分量を少なくやっていければなと思います。

それではまた。