読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ならそれでいいです

そろそろ優勝したい

まともじゃないけど特別でもない俺たちは

ハローハロウィン、苦しんで死ね。どうも僕です。

どうですかみなさん。普段は「いやあわたくし少々変わり者なので、大衆の皆様とは上手く折り合いつけて生きられないでござる。軋轢軋轢」みたいな顔して生きておきながら、行事的なサムシングはなんだかんだ楽しんじゃって綺麗に埋没していってますか?

そういうのはお前、ほんとに……ほんとに……。

 

 

いいんだよ。誰も君のことを笑ったりしない。

でも俺はいつか絶対に仕留めるからな。覚悟しとけ。

 

 

三か月ぐらい無職だったんですけど、さすがにマズイなということで神保町のスタジオで働き始めました。

でも業務内容の八割が音楽聴きながら掃除してるだけなんで、これって生活の延長では?と思わなくもないです。なんなら防音をいいことに思いっきり歌ったりもしてます。

母親に「俺って今働いてる人っぽいかな?」と聞いてみたら「さあ……。少なくとも見た目は無職っぽいけど」と言われるような状態なので、まだ概ね無職といったところだと思います。

 

そんな概ね無職の24歳男性の一週間を振り返りましょう。

 

10月25日(火)

夕方に起きてバンドの練習でした。

入れ替えのタイミングで知り合いとバッタリ合ってアオオッとなるなどしましたが、練習の内容はいつも通りでした。

何をやってるのか自分でも曖昧になってくることが良いのか悪いのかは分かりませんが、自分の好みに合ってるならオッケーじゃん的な。

家に帰ったらカレーが作ってあってウキウキでおかわりしました。

 

10月26日(水)

寒くなってきたので風邪を引かないようハードボイルド小説を読んで心に火を灯すか……と考えたので読みました。

 

マイク・ハマーへ伝言 (角川文庫)

マイク・ハマーへ伝言 (角川文庫)

 

 

文章死ぬほどかっこいいし話も面白いんですけど人には勧めにくいなあとも思いました。

やっぱりめちゃくちゃかっこつけの文体なんで人によっては読んでてイライラしてくるかもしれません。

読み終わった後は背筋がピンと伸び、ブラックコーヒー(にめちゃくちゃ牛乳と砂糖を入れたやつ)を飲みながらキザに過ごしました。

深夜は労働だったんですが、特に書くこともないです。

 

10月27日(木)

労働の前にコンタクトを作ろうと思って早めに出かけたら保険証を忘れてて終わったので、漫画を買って読むことにしました。

 

或るアホウの一生 2 (ビッグコミックス)

或るアホウの一生 2 (ビッグコミックス)

 

 

 

銃座のウルナ 2 (ビームコミックス)

銃座のウルナ 2 (ビームコミックス)

 

 

双亡亭壊すべし 2 (少年サンデーコミックス)

双亡亭壊すべし 2 (少年サンデーコミックス)

 

 

 

特に意識したわけでもなくみんな第二巻という微妙な奇跡が発現しました。おめでとうございます。

全部良かったんですが、特に「或るアホウの一生」は面白いです。

 

将棋の漫画なんですけど、「3月のライオン」とはまた違って性格のめっちゃ悪い青年たちが自意識爆発させながらプロ棋士を目指すという内容の一巻を読んでかなり惹かれたんですよね。

二巻はテンションそのままにプロの世界に舞台が移ったところで終わったので早く続きが読みたいです。

あともうこれ1000000000000000000000000000000000000000回は言ってるんですが「ロッタレイン」の単行本はいつ出るんでしょうか。

そのあと労働でした。俺の労働の話、いらないですよね?

 

10月28日(金)

この日は渋谷WWWにて挫のワンマンがあり、物販スタッフとしてお手伝いしました。 

夜勤明けて少し寝て、16時前に会場へ。

 

控室に行って挨拶もそこそこに先行物販。かなり忙しかったですが挫の事務所の社長氏の助けもあってなんとかなりました。

ぶっつけ本番という感じだったので少々至らない点もあったとは思いますが、そこそこ人間ぽく動けたのではと思います。

 

そのあとオープンまで少し時間があったのでご飯を食べて、オープン後は再度物販へ。

このへんになると慣れてきたこともあって楽しく接客が出来ました。

知ってる顔もいくつかあって、混雑しない程度に歓談してみたり。

 

そのあとはライブ本番。このときばかりはお客さんとして楽しみます。

送り手も受け手も全力で楽しんでるという感じの空間でとても良かったです。

菅さんのドラムを生で聴くのは確か初めてだったんですが、想像以上に凄くて笑いました。踊りも一番キマってた。

 

そのあと三度物販へ。

お客さんとゆっくり話す時間があったのでこの時間帯が一番リラックスできました。

分不相応ながら写真を頼まれたり、ツイッターやブログを見ていると声を掛けてもらったりで少し照れましたがとても嬉しかったです。

 

終演後の物販も終わると片づけて撤収。

すると下川氏が「梶原今日はありがとう。これ……」と懐をごそごそしだしたので「おいおい友達の手伝いに来ただけだからお礼なんかいらないのに……。まあくれるって言うなら断るのも悪いし、もらうけど」とカッコよく言うための口を準備していたら渡されたのが100円玉3枚だったので「焼け石に水だろ!!」と叫びました。(一応もらった)

 

その後新宿の居酒屋でメンバーと僕と社長氏の6人で打ち上げがあったんですが、店に入った瞬間ジム・オルークがいてテンションブチ上がりました。

本人の音楽もプロデュースした作品もかなり好きなので声をかけようかと思いましたがなんとなく自制。

打ち上げは途中疲れすぎて寝てましたが、料理もお酒も美味しいし色々話も聞けて満足でした。

 

というわけでワンマンの手伝いはここまで。大きな会場での物販は初めてだったんですが、とても楽しく働けました。

高校生の時からの接客バイト経験が少しでも生かせられて良かったなと思います。

 

以前結婚式場で働いている知人が「その場にいる人たち全員が幸せだから働いている人間にストレスを与える人もいない」と言っていたんですが、あの日のWWWもそういう感じだったなと思います。

また都内のライブではお手伝いさせてもらうこともあると思うので、その際はよろしくお願いします。

人と話すのが結構好きなので、ガンガン話しかけてきてください。

 

……とまあここまでなら満点の一日だったんですが、打ち上げのあと下川家(帰る方向が一緒)で氏が最近買ったというフォールアウト4をプレイする様を横で見ていたら、少し普通にプレイした後で「放射能の影響(そういう設定です)で巨大化したゴキブリやハエの死骸を拾って川に放流するプレイ」を始めて最悪でした。

 

高い自由度を最低の方法で活用するなよ。

 

Fallout 4

Fallout 4

 

 

 

10月29日(土)

朝方帰って死ぬほど寝てたら終わりました。

 

10月30日(日)

カードゲームの世界大会のオンライン予選の権利が取れたので参加したらぼこぼこにされて終わりました。

 

10月31日(月)

昼過ぎに起床してバンドの練習。新曲の制作です。

簡単に言うと「ストロークスが盆踊り踊ってる」みたいな曲になりそうなんですがみなさんどうですか?

次のライブは11月30日に下北沢デイジーバーです。盆踊っていきます。

 

そのあと労働です。

ここまでで労働という文字をタイプするごとに僕の何かがゴリゴリと音を立てて削れていくのを感じるので、次回の日記からは労働の話やめますね。

それとも「ほとんど面識ないままに他店に移っていった人が最後の最後に掃除機壊したせいでかなりの頻度で先が外れてテープで補修するハメになっています。トホホ~」とかそういうの読みたいですか? 

 

生きることは、選ぶことだ。

 

 

だいたいこんな感じでーす。