ならそれでいいです

そろそろ優勝したい

今日から1月3日までずっと家で過ごす可能性が濃厚です

2017年も終わりですね。今年は本当にあっという間だったなあ。

去年の今頃は一年間で触れた各ジャンルのあれこれの感想を二万字ほどの記事にしてたんですが、今年は意図的にインプットを増やした関係上、全部まとめると五万字とかになりそうなんでやめておきます。

「良いものを大量に取り込むと、自分も良い人間になれるのではないか」という考えに基づいての能動的インプットだったわけなんですが、どうですか?僕、良い人間になれましたか?二十五歳彼女無し実家住み週3.5日労働月収十二万なんですが……。

 

まあ周囲から見てどうかは置いておいて、個人的には良い一年だったなと思います。いろいろ前進しました。

バンドのデビューが決まったのなんかはそうですね。良かった良かった。リリース自体は来年の後半の予定なんですが、打ち合わせ等の準備は既に始まっていて頑張らなきゃなという気持ちの高まりを感じます。

音楽性がどうとかセールスがどうとかも考慮すべきだとは思うんですけど、僕は今のメンバーでバンドをやるのがとても楽しいので、四人で長く続けていくための礎になるようなものが作れたらいいなあというアレです。

↑春に録った音源から一曲と、先日のライブから一曲がそれぞれ公開されているのでもしよければ聴いてみてください。

 

あと小説の投稿も本格的に始めたんですけど、予想よりずっと良い結果が出てびっくりしつつもとても嬉しいです。

投稿した四作全部が一次を通過してくれてちょっと欲が出てきたので、来年は投稿数自体を増やしつつ賞を狙ってみようと思います。

音楽も小説も十年ぐらい続けてやっと芽が出始めた感じなので、やっぱ継続って大事だなあという気持ちです。

 

 

・・・・・・・ここまでインターネットを利用した最悪の射精・・・・・・・

 

 

ハッ、数少ない良かったトピックを絞り出してさも自分が優れた人物であるかのように振る舞ってしまった。俺は一体何を……。

上記の二点はまあ良かったんですけど、あとは結構悲惨なのが俺という人間なんですよね。というかこっちが平常運転なんですけど。

今年は例年よりはるかに異性との交流が無く、あっても感情がスッなることしか発生しなかった一年でした。まあでもこれに関しては自分のスペックを考えると妥当というか、もう諸々諦めたほうが良いんじゃねえかなという感すらあります。

 

それよりもヤバいのが元々仲の良い人間以外と上手くコミュニケーションがとれなくなっている(以前はもうちょっと上手くやってたと思う)ことで、このまま悪化すると社会的に死が見えます。

先月なんか色々意味不明になった結果職場で一日中タメ口で喋るという状態異常に陥りましたからね。こんなにわかりやすいバグり方があるかよ。

これに関しては休日の過ごし方が下川氏とゲームをするか、オリジナルの言語で意思疎通をしている友人と奇声でやりとりをしてぐちゃぐちゃになるか、家で本を読むかしかないのが問題な気もします。もっと社交の場にでる必要があるのかもしれん。

 

読んだものやったもの聴いたものの話も少ししますか。

漫画は今年も良いのがたくさんありましたねえ。正直どれがとかじゃなくて全部良かったです。漫画家は神。

小説は下半期は村上春樹の短編を勉強も兼ねて繰り返し読みました。ノスタルジィの作家なんじゃないかなという以前からの考えが強まりましたね。

あと宮本輝の作品もたくさん読みました。文章が本当に良くて、こういう風に言葉が使えたらさぞ楽しかろうなという気持ちです。

 

ゲームはSteamのものを中心にちょこちょこと。

f:id:kajiwaradesu:20171202234351p:plain

ドット絵の良さだけでお金を出す価値のある『VA-11 HALL-A』や

f:id:kajiwaradesu:20171230223436j:plain

PCゲームであることを最大限活用したゲームシステムでめちゃくちゃ感情移入した『OneShot』あたりはその中でも特に記憶に残りました。

PS4のゲームでは『ダンガンロンパV3』と『FF15』が印象深いです。どちらも賛否両論あるゲームですが個人的には大満足でした。

特に『FF15』はDLCまで含めると相当楽しめましたね。それだけに本編の展開の急さや演出の雑さといった、主に批判を受けている部分が本当にもったいないゲームだなとも思ってしまいますが。

 

 音楽は明らかに長くなりそうなんでプレイリストを作りました。Apple Musicに入ってる人は良かったら聴いてみてください(加入してなくても見れはします)。特に面白いリストではないですが。

今年はロックバンドが元気で嬉しかったですね。去年はかなり寂しい感じだったので。

海外の動向を見ていると、複数の作曲者が一曲を作ることが当たり前になったり、スタジアム級のバンドがポップ畑のプロデューサーを起用したり、どんどんストリーミングが流通手段の中心になっていっていたりと色々な意味で変革期だなあという感想を抱きます。2018年はどうなるんでしょうか。

 

まあだいたいこんな感じですかね。

いろんな人にお世話になった一年だったし、来年もそうなると思うのでどうぞよろしくお願いします。

来年もたくさんの面白いものに触れて、ゲラゲラ笑いながら過ごせればいいですね。

というわけでよいお年を。来年もまた良い一年になりますように。

 

だいたいこんな感じでーす。