ならそれでいいです

そろそろ優勝したい

はちまき大臣

9月9日で26歳になったんですが、それにはノータッチでお知らせ関係だけワーッとやります。

 

最近半端に忙しく、休みの日はうつ伏せになる以外のアクションが選択不可になっているような状態でブログの更新が滞っていました。

10月から無職になる予定なので、そうなったらこまめに更新しようと思います。あと海とかデカい岩とか見に行こうと思います。

ネットフリックスをチラ見したり買いまくった小説を消化したり、働いてる暇なんかないんですよね。人生は短いので。

 

で、まあお知らせなんですが僕が歌ったりギターを弾いたりしているSo Sorry,Hoboという表記の覚えにくいバンドが9月19日にアルバムをリリースします。

これが初めての全国流通盤、所謂デビューアルバムというやつです。一生に一度のことなのでとてもおめでたいなと思っています。みなさんもおめでたいですか?

「大なつかしい展」という最高のタイトルで、全9曲入り税抜2315円です。

本当になにとも似ていなくて歪ですが、長く聴けるアルバムが出来たんじゃないかなと思います。

一人でも多くの人に届くと嬉しいです。よろしくお願いします。

 

↑リード曲「電気泥棒を忘れない」PV

 

↑全曲試聴 

 

あとタワーレコードディスクユニオンで購入した方には特典が付きます。岩場で佇む俺のしおりとポストカードです。

要らなければ路上に捨ててもらって大丈夫です。泣きながら拾います。

f:id:kajiwaradesu:20180916014919j:plainf:id:kajiwaradesu:20180916014941j:plain

 

アルバムの内容についていろいろと話したいこともあるんですけど、それは発売後にしようかなと思っています。10月とかかも。

それとはまた別でインタビュー記事も近日公開されるんでよろしくお願いします。うっす。

 

それからレコ発が29日にあるんでそれも来てくれるとチョベリグです。

挫・人間と一緒にやれるのとても嬉しいですね。

フォーメーションBとのことですが俺たちはフォーメーションVで挑むのでアルファベット的には俺たちの圧勝です。

( ^ω^)ブーンがアルファベットを武器に戦うようです

 

告知は以上。

最近なにしてんのって話なんですけど、相変わらず本読んだり急に怖くなって内股になったりしています。

あとネトフリで映画とかドラマとか観てます。俺という人体の構造的には短く区切って観られるドラマのほうが好きです。

この間シーズン2が公開されたばかりの『アメリカを荒らす者たち』めちゃくちゃ面白いですね。

所謂モキュメンタリー作品で、高校で起こった事件の真相を主役二人が解決していくっていう、概要だけ見ると「ちゃんとした」謎解きものかな?って思うんですが実際はとんでもなく馬鹿です。いや、ちゃんとロジカルな謎解きもあるんですけどね。

そもそも事件というのがシーズン1がちんぽ落書き事件、シーズン2は下剤入りレモネード事件……。俺みたいな小学生が大喜びする感じです。まあどちらも被害の規模が大きくて、前者は被害総額10万ドル、後者は数十名の生徒が校内で脱糞する羽目になるわけなんですが……。

でもって内容の下劣さとは裏腹に、この事件のせいで人生が終わるようなレベルで追い込まれる人間(特に犯人に仕立て上げられた生徒)がいる。事件の馬鹿馬鹿しさとそれが孕むシリアスさの両極端な部分の描き方が好みですね。ミステリーとしてどうなんだ?って感じの推理の脱臼具合も、個人的には良いアクセントだと思います。

それからシーズン1・2どちらも「スクールカースト」と「SNS」が作中で重要な役割を果たしているんですが、そういう部分も含めて現在のアメリカの高校ってこういう感じなんだなあという知る喜びみたいな部分が刺激される感じもあります。

映画だと『この世に私の居場所なんてない』も良かったです。ネトフリがあれば無職でも退屈せずに済みそうですね。みなさんもどんどん辞してください、職を。

 

 

ニート / 絲山秋子

ニート (角川文庫)

ニート (角川文庫)

 

読書は無職になるんでとりあえずこれを読みました。表題作は現代無職文学の傑作だと思います。現代無職文学ってなんですか?

絲山秋子さんの文章って不思議ですよね。まったくゴテゴテしてなくて読みやすいのに情報量が多い。結構読むのに時間がかからないタイプの文章を書く作家さんだと思うんですが、ちゃんと読後に残るものが多いんですよね。そして何度も読み返したくなる。

本当に良い文章ってこういうことなのかなと思いますね。あと、たぶん無茶苦茶読書家なんだろうなとも。プロの小説家なんてそりゃみんな相当な読書家でしょうけど。

沖で待つ (文春文庫)

沖で待つ (文春文庫)

 

芥川賞受賞作のこれも好き。事故死した同僚のパソコンのハードディスクをぶっ壊す話です。

 

まあ久しぶりの更新だし、これぐらいにしときますかね。

最近アレがアレしてアレなんでアレしなくなったらまたアレします。

 

だいたいこんな感じで~す。